世界有数の経済都市

東京は、今更言うまでもなく日本の経済の中心で、世界の中でも経済規模ではニューヨーク大都市圏を凌ぎ世界最大です。2012年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス・人材・文化・政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいても、ニューヨーク、ロンドン、パリに次ぐ世界第4位の都市と評価されている都市です。その為、東京に多くの仕事が集中して集まるのも事実で、日経の一部上場の殆どがこの都心内に本社を置いていることが多いです。その為、大手町を中心とした日本最大のオフィス街ではたくさんの事務系サラリーマンたちが働いております。

しかし、アルバイトの様に飲食店や小売販売店の店員などに募集が多く見られる職業は、大手町を取り囲むように配置された都心の繁華街の方が圧倒的に募集が多いです。大手町に勤める一流企業のサラリーマンを対象にした銀座や赤坂、ファッションの街渋谷地区は、原宿や青山、代官山とさらにそのアパレル関係の店舗が拡大しつつあります。また、新宿に至っては東京都庁の移転もありオフィスビルも増え、昔から日本の最大の歓楽街をかかえることから昼夜にわたって人が絶えることなく街が繁栄し、そのアルバイトの募集の多さは日本最大のエリアと思われます。相対的にみても、あたりまえの話ですが他の県と比べ、仕事量も職種もまたアルバイトにおける時給の待遇も日本一のエリアであることは間違いありません。ただ、都内最大の弱点は、ここで生活をするには家賃の相場が高く、家賃の比較的低いエリアから東京に通勤をすることです。

Leave a Reply