サブカルチャーの聖地中野

中野区は住宅密集地としての性格が強く、人口密度は日本一でもあることから、生産活動としてはあまり活発ではありません。家賃が安く新宿や渋谷などの経済の中心部へのアクセスがいいので、若者が多く住んでおり、賃貸物件が多く存在します。昔ながらの木造建築が多く、火事や震災のときの被害が懸念されています。現在では区画整理が進んできてはいますが、まだまだ全てが整理されたわけではないので、不安が残ります。また、多くの漫画家が住んでいたこともあり、隣接する杉並区とともに、アニメーションや漫画のマーケティングが盛んです。アニメーションの専門学校も数多く存在し、若者が多い理由にさらに拍車をかけています。そのため住民の流動性は高く、18歳未満の住居率は低いです。

さらに、有名なのはサブカルチャーの聖地「中野ブロードウェイ」です。元々は中野区の商店街を盛り上げようと設置されたものですが、それがいつの間にかタイミング良くサブカルチャーと密接につながりができて、いつの間にかサブカルチャーの聖地とまで呼ばれるようになりました。秋葉原もオタク文化で有名ですが、それとはまた違う魅力があるそうです。中野ブロードウェイは秋葉原のオタク文化に比べると、レトロな物が多く、昔を懐かしむ事ができるものが多いようです。中野区は、住宅密集地かサブカルチャーの聖地が有名なので、こういったものに興味のある人はこの街でアルバイトをしてみると、毎日が楽しくなるいいスパイスになるのではないでしょうか。

Leave a Reply